<< Beats Pill+を買ってしまった | main | 「おくりびと」を観る >>
2018.05.13 Sunday

『羊と鋼の森』を読む

0

    確か去年のゴールデンウィークに買って、ずーっと積ん読状態だった『羊と鋼の森』(宮下奈都著)を読んだ。

     

    ピアノ調律師の物語であること、映画化されることを知っていたが、ピアノや調律師と「羊」「鋼」「森」にはどういう関係があるのだろう。ずーっと不思議だった。

     

    読み始めて分かった。なるほど、そういうことだったのか。全然知らなかった。

     

    主人公がピアノと調律師と出会ってから、さらに、同僚やお客様から様々なことを学び、調律師としても人間としても成長していく。この続きをもっと読んでみたいと思わせる小説だ。そして、音楽、ピアノ、音の奥深さに触れることができる。

     

    映画も観てみたい。それよりも、宮下奈都氏の他の小説も読んで、宮下奈都ワールドにもっと触れたいと思った。

     

    そうそう、本書を読むときのBGMはもちろんピアノの曲です!

     

     

     

    評価:
    宮下 奈都
    文藝春秋
    ¥ 1,620
    (2015-09-11)

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    ラーメンに特化したインスタのようなアプリ「毎日がラーメン」



    毎日がラーメン

    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM